別人格持つ解離性同一性障害に理解を 「VIVANT」の主人公は?

自分とは異なるもう一人の「別人格」を持つ主人公が活躍するテレビドラマ「VIVANT」(TBS系)が最終回を迎えました。この「別人格を持つ人」ですが、ドラマの世界に限らず実際に存在する、れっきとっした精神障害の1つです。。解離性同一性障害という精神障害で、「二重人格」「多重人格」などと呼ばれます。ドラマや映画で見ると、頭もよく格闘センスも抜群な人格がいたりして、入れ替わった人格が活躍をしたり、問題を解決したりと便利そうに見えますが、実際はそのような人格がいるほうが極めて少ないかもしれません。現実的に周りを見ても、頭が良くて、格闘センス抜群で?な人がどれだけいるのか、と考えてみると、そんな超人がまさか自分の中にいるかもしれない可能性の低さに、ため息が出てしまう思いをさせて申し訳ございません。
なんにしても臨床現場で出会う多重人格の別人格は、主人格以上に、難しい性格だったり、幼かったりすることもありますので、容易ではありません。

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E5%88%A5%E4%BA%BA%E6%A0%BC%E6%8C%81%E3%81%A4%E8%A7%A3%E9%9B%A2%E6%80%A7%E5%90%8C%E4%B8%80%E6%80%A7%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E3%81%AB%E7%90%86%E8%A7%A3%E3%82%92-%EF%BD%96%EF%BD%89%EF%BD%96%EF%BD%81%EF%BD%8E%EF%BD%94-%E3%81%AE%E4%B8%BB%E4%BA%BA%E5%85%AC%E3%81%AF/ar-AA1gGdMW?ocid=msedgdhp&pc=W099&cvid=f39ee375a39f4609a8f451ec100c0e29&ei=16